「セカンドオピニオン」をご存知ですか?

歯科診療を受けた際に、このような不安を覚えたことがありませんか? 今日では、歯科医療の発展にともなってさまざまな医療技術や新しい治療法を提案される場面が増えてきています。しかし、その内容を理解できないまま、もしくは納得できないまま、不安を抱えながら治療を続けられる方も少なくないようです。

医療現場では「セカンドオピニオン」という考え方があり、歯科医療の場面でも広がりを見せつつあります。上記のような不安がある方は、一度セカンドオピニオン外来で専門家の意見を仰いでみてはいかがでしょうか?

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、直訳すると「第二の意見」。ガンなどの大がかりな治療や最新の治療、時間や費用のかかる治療を受けるにあたり、よりよい選択をするために複数の専門家(医師)に意見を仰ぐことをいいます。歯科医療の現場では、インプラントなどの外科手術を検討するときなどに利用される方がいらっしゃいます。

セカンドオピニオンを利用するメリット
  • 主治医とは別の専門家からくわしい説明が受けられる
  • 中立的立場にいる専門家から、客観的な意見が得られる
  • 患者さん自身が治療に対する理解を深めることができる
  • より適した治療法の選択ができる
  • 納得したうえで治療に臨める

このように、セカンドオピニオンには患者さんにとって多くのメリットがあります。なにより、他の専門家からの話を聞くことで、疑問や不安を払拭することが期待できるのです。また、話を聞くなかで別のよりよい治療法に気づく可能性もあります。

これまでのような医師主導の治療ではなく、患者さん主体の治療が行えれば、より高い治療効果が得られるかもしれません。提案された治療内容に不安や疑問があるならば、主治医だけでなく、他の専門家の意見も積極的に仰いでみましょう。

よくあるご相談

セカンドオピニオンについてよくお寄せいただくご質問をご紹介します。横浜市緑区長津田の「中村歯科クリニック」では、セカンドオピニオン外来もお受けしています。
※質問をクリックすると回答が出ます。

治療費について、具体的に算出してもらえますか?
同じ治療内容であっても、患者さんの状態によって治療費は異なります。対面のご相談だけで詳細な金額を出すのは難しいのですが、おおまかな治療費をお伝えすることは可能です。また、必要な検査資料などあればさらにくわしくご説明できます。
抜歯するしかないといわれた歯があり弱っています。残したいのですが可能でしょうか?
抜歯の判断基準は歯科医師によって異なる場合があります。当院では、口腔外科や抜歯の経験も豊富な院長が診断いたします。セカンドオピニオンとして診察・検査・診断をご依頼いただくことも可能です。
現在、他の歯医者にかかっています。治療が長引いていることに不信感があるので、診ていただけますか?
治療内容・期間・頻度などをお聞きし、患者さんのお口の中を診察することで、適切な治療ができているかをお伝えします。
治療途中に、歯科医院を変えることはできますか?
はい、可能です。ただし、保険はどちらか一方の歯科医院でしか適用されませんので、もう片方で行った治療は自由診療(自費診療)となります。あらかじめご認識ください。

中村歯科クリニック TEL:045-532-3747

  • PAGE TOP