みなさんが疑問に思う歯科治療の「なぜ?」にお答えします

歯医者を受診したときに気になったことがあったけど、つい聞きそびれてしまった――という経験はありませんか? 横浜市緑区長津田の歯医者「中村歯科クリニック」では、患者さんに納得して治療に臨んでいただけるよう、丁寧なカウンセリングとインフォームドコンセント(説明と同意)の考え方を重視しています。こちらでは、歯科診療にまつわるよくある疑問にお答えいたします。

※質問をクリックすると回答が出ます。

なぜ1本の歯の治療のために何度も通わないといけないのですか?

治療を丁寧かつ確実に行い、再発のリスクを抑えるためです
たった1本の虫歯にために、何度も通院しなくてはならないと、面倒に感じられるかもしれませんね。虫歯はとても再発しやすい病気なので、治療では再発防止のために虫歯に汚染された部分をきちんと取り除いて消毒しなければなりません。治療を丁寧かつ確実に行うためには、段階を踏んで慎重に進めていく必要があるのです。

また、歯を削った後には人工の詰め物・被せ物を取りつける必要があります。ほとんどの技工物は一日で作ることができない、というのも時間がかかる理由のひとつ。さらに、口腔内の健康状態はさまざまな条件がバランスをとって成り立っています。「1本の歯だけ治して終わり」ではなく、お口全体の健康を総合的にチェックしながら治療を行うことが重要なのです。

毎日歯をみがいているのに虫歯になるのはなぜ?

毎回完璧な歯みがきができるわけではないからです
虫歯予防のためのもっとも重要なセルフケアは、歯みがきです。しかし、どんなに丁寧に歯みがきをしても、毎回完璧な歯みがきができるとは限りませんよね? 実際、歯みがきだけで、すべてのプラーク(歯垢)を落とせている方は多くないといえるでしょう。ほんの少しでもみがき残しがあると、それが蓄積することで虫歯が引き起こされてしまいます。

虫歯や歯周病の原因菌が潜むプラークを口腔内からしっかり落とすためには、セルフケアに加えて歯科医院で受けるクリーニングなどのプロケアが欠かせません。予防のためにもぜひ定期的に歯科医院を受診し、予防ケアを受けることをおすすめします。

神経を抜いたのに痛むのはなぜ?

治療が不完全な場合、歯周病の場合などは痛むことがあります
ひどい虫歯の治療では、一般に「神経を抜く」「神経を取る」と表現される根管治療(こんかんちりょう)が行われます。歯の内部から神経を取り除くと痛みを感じることはなくなりますが、治療が不完全であった場合、歯の内部や歯根の先に炎症が起こってしまうこともあるのです。

また虫歯だけでなく、歯周病の進行によって歯肉が炎症を起こしてしまうケースもあります。いずれにしろ、痛みを感じるならば適切な治療が必要です。「痛い」「しみる」といった症状や違和感があるときには、放っておかずお早めにご相談ください。

なぜ同じ治療で医院によって金額が違うの?

自由診療の場合は医院によって価格が異なります
日本の保険診療制度では、全国どこでも同じ費用・料金で同じ内容の治療を受けられます。ただし、審美歯科素材を使った治療や、インプラント治療、特殊な入れ歯治療などは保険適用外の自由診療(自費診療)となります。そのため、それぞれの歯科医院が採用している素材や治療内容によって価格に違いが出てくるのです。

また、保険適用外の歯科技工物(詰め物・被せ物・入れ歯など)には多種多様なものがありますが、価格設定は技工所や歯科医院の技術力、設備、材料の調達の仕方などによっても異なってきます。

その他ご不明な点はお気軽にお問い合わせください TEL:045-532-3747

  • PAGE TOP