歯の黄ばみは「ホワイトニング」で削らずに白く

術前

術後

天然歯の黄ばみや黒ずみなどが気になっている方には、薬剤を使って歯を白くするホワイトニングがおすすめです。安全性の高い薬剤を浸透させることで、歯を削ることなく手軽に白くできます。結婚式や就職試験(面接)など人生の大切な場面に向け、白い歯を手に入れたいという方が施術を希望されるケースが増えています。

歯に変色が起こる原因

歯の黄ばみや黒ずみにはいくつかの理由が考えられますが、大きく歯の外側と内側の、2つの要因から生じるものに分けられます。

歯の外側から起きる変色
着色汚れ 虫歯 金属製の歯科素材
ワインやコーヒー、カレーなど、色の濃い飲食物を口にすると、歯に着色が起こります。タバコのヤニも黄ばみの原因となります。 虫歯の進行によって歯質が溶かされ、茶褐色や黒色に変色が起こります。 詰め物や被せ物に使用されている金属が経年劣化すると、金属イオンが流出し、歯に黒ずみを生じさせることがあります。
歯の内側から起こる変色
加齢 抗生物質 神経のない歯
年齢を重ねるとともに歯の表面のエナメル質が薄くなり、下層にある象牙質の濃いクリーム色が透けて見えるため、黄ばんで見えます。 テトラサイクリン系抗生物質を長期間服用していると、象牙質に変色が起こります。 虫歯など何らかの理由で歯の神経が死んでしまったり除去されたりした歯は、栄養分が行き届かなくなり変色が起こります。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、歯科医院で受ける「オフィスホワイトニング」と、ご自宅などで行える「ホームホワイトニング」の2種類があります。横浜市緑区長津田の歯医者「中村歯科クリニック」では、患者さんのご要望やお口の状況に合わせて最適なホワイトニング方法をご案内いたします。

オフィスとホームの違い
  オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
  オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
概要 歯の表面に高濃度のホワイトニング剤を塗布し、特殊な光を当てて歯を白くする方法です。歯科医院で専門家が行います。 歯科医院で作った専用マウスピースに、低濃度のホワイトニング剤を注入し、歯に装着して浸透させます。ご自宅で好きな時間に行えます。
メリット
  • 短時間の施術で希望の白さになる
  • 専門家の手による処置で手軽
  • 好きな場所で好きな時間にできる
  • 自分のペースで取り組める
  • 奥歯も白くできる
  • 色の後戻り(再着色)が少ない
デメリット
  • 色の後戻り(再着色)が早い
  • 奥歯は白くできない
  • 知覚過敏に似た症状が出ることがある
  • 白くなるまで2週間ほどかかる
  • 自分ですべて行うため手間がかかる

ホワイトニングができないケース

ホワイトニングは安全性の高い方法ですが、次のようなケースではホワイトニングができないこともあります。

ホワイトニングが受けられない方
  • 妊娠中・授乳中の方
  • 18歳未満の方
  • 虫歯や歯周病がある方(治療優先)
  • 歯に欠けやひび割れなどがある方
ホワイトニングで白くならない歯
  • エナメル質や象牙質に形成不全がある歯
  • 人工物で作られた詰め物・被せ物
  • 重篤な変色がある歯

なお、ホワイトニングが受けられない場合も、別の方法で歯を白くすることができるケースがあります。長津田の歯医者「中村歯科クリニック」では、患者さんのご要望やお口の状態に合わせて適切な方法をご提案いたします。歯を白くしたいというご希望があれば、お気軽にご相談ください。

詰め物・被せ物・差し歯の見た目が気になる方へ 銀歯を白くしたい~審美歯科~

  • PAGE TOP