親知らず・顎関節症のお悩みは当院におまかせください

虫歯や歯周病といった歯や歯ぐきだけのトラブルではない、お口周り全般のトラブルを担当する分野が「口腔外科」です。口腔外科では親知らずの抜歯や顎関節症の治療、口内炎やできものの治療、歯牙移植などを幅広くカバーしています。

【口腔外科は経験豊富な院長におまかせください】

横浜市緑区長津田の歯医者「中村歯科クリニック」の院長・中村は、口腔外科の経験が豊富にあります。大学病院でも臨床経験があり、通常の親知らずだけでなく、難症例ともいわれるような歯ぐきに完全に埋まった親知らずの抜歯も手がけます。顎関節症の治療にも適切に対応できますので、気になる症状があればお気軽にご相談ください。

奥歯の痛みは親知らずが原因かもしれません

永久歯が生えそろってから、歯列のもっとも奥に生えてくるのが親知らず。現代人の小さくなった顎には親知らずが生えるスペースが足りないことが多いため、横向きに生えたり、周囲の歯を圧迫したりと、何らかのトラブルを抱えてしまうことがほとんど。そのため、抜歯が必要となるケースが多いのです。

親知らずを抜く場合・抜かない場合

親知らずは必ずし抜歯が必要というわけではありません。条件が揃えば、抜歯せずに歯を残し、将来歯を失った時に活用することも可能です。

抜歯するケース 抜歯せず残せるケース
  • 横向きや斜めに生えている
  • 歯ぐきに埋まったまま成長している
  • 周辺の歯を圧迫し、歯列を乱している
  • 噛み合う親知らずがない
  • 親知らずが虫歯になっている
  • 真っ直ぐ生えている
  • 噛み合う親知らずも問題を抱えていない
  • 親知らずや周辺の歯までしっかり歯みがきできており、虫歯や歯周病の心配がない
  • 周囲の歯列に悪影響を与えていない
歯を抜いた後の注意事項

親知らずの抜歯後に出血したり痛みが生じたりしますが、数日たてば治まるものです。抜歯直後は次のような点に気をつけて安静に努めましょう。

  • 麻酔が切れるまでは、唇や頬の内側を噛まないよう注意しましょう
  • 抜歯後の穴にできる血の塊(血餅:けっぺい)は、強いうがいなどで洗い流さないでください
  • 傷口が気になっても、指や舌であまり触らないようにしましょう
  • 処方されたお薬(痛み止め・抗生物質)は歯科医師の指示に従って正しく服用しましょう
  • 痛みがあっても、冷やし過ぎないようにしてください
  • 抜歯当日は、お風呂・飲酒・スポーツなどの血の巡りがよくなる行為は控えてください

顎の違和感・痛みは顎関節症を疑いましょう

顎周辺の違和感や痛みが慢性的に起こるようなら、顎関節症の可能性があります。顎関節症の原因にはさまざまなものが考えられ、症状にも個人差があります。現状では、現れている症状に対応する形で、顎や歯にかかる負担を軽減していく治療が主流となっています。

顎関節症の代表的な症状

このような症状があるなら、顎関節症である可能性があります。一つでも当てはまるものがあるなら、まずは口腔外科の経験が豊富な当院へご相談ください。

親知らずのお悩みは長津田の口腔外科にご相談を

親知らずのお悩みは、長津田口腔外科の診療を行う「中村歯科クリニック」にご相談ください。難症例も含め、これまでに様々な親知らずの抜歯を手がけてきた専門医が担当いたします。すぐに抜くということはせず、親知らずの生え方などを確認し、抜歯は本当に必要だと判断してから行います。顎関節症の治療にも対応いたしますので、顎の痛みや違和感にお悩みの方もお気軽にご相談ください。長津田駅近くの歯医者で、平日20時半まで診療していますので、お仕事帰りにもお気軽にお立ち寄りいただけます。歯周病のご相談も承ります。

中村歯科クリニック TEL:045-532-3747

  • PAGE TOP