歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位です

歯周病は、プラーク(歯垢)の中に住み着いている歯周病菌を原因とするお口の感染症。歯ぐきに軽い炎症を起こす歯周炎からはじまり、出血や口臭の悪化などを経て、重度になると顎の骨が溶かされて歯が抜け落ちてしまいます。日本人の成人の約8割が罹患しているとされることから、「国民病」とも呼ばれています。また、日本人が歯を失う理由の第1位が歯周病であるという調査結果も報告されています。

横浜市緑区長津田の歯医者「中村歯科クリニック」では、歯周病治療はもとよりさまざまな予防ケア・口腔ケアをご提案しています。免疫力の低下した高齢者にとっては命にも関わる疾患を引き起こす可能性があるため、高齢者歯科医療の重要なポイントとなっている歯周病の処置。適切な治療と口腔ケアを提供するため、通院が困難な方には訪問診療(訪問歯科)も行っています。

こういう方は歯周病になる可能性があります

歯周病は生活習慣によって発症リスクが左右されます。次のような習慣や傾向がある方は、歯周病になりやすいので注意が必要です。

タバコを吸っている タバコの有害物質が口腔粘膜や歯肉へ付着することで免疫力の低下につながり、発症しやすくなります。
生活時間が不規則 不規則な生活でストレスや疲労が蓄積すると、免疫力が低下し、発症につながりやすくなります。
よく噛んで食べない よく噛まずに食事をすると唾液の分泌が減り、口腔内の自浄作用が低下。それが歯周病菌の増殖につながります。
間食が多い 口腔内の細菌が栄養源とする糖分が口の中に長時間存在すると、歯周病菌の繁殖につながります。
デンタルケアができていない デンタルケアでしっかりプラークを落とせていないと、歯石が増加し、合わせて歯周病菌が増殖しやすくなります。
歯科医院でケアを受けていない 歯周病治療の基本は歯石とプラークの除去。歯石はプロケアでないと落とせないため、定期的に歯科医院でクリーニングを受けるのが得策です。

症状と治療方法紹介

  軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
  軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
症状 歯ぐきに軽い炎症が起きており、歯みがき時に出血などが見られます。 歯ぐきの炎症や変色がひどくなってきています。顎の骨が溶かされ、歯がグラグラすることもあります。 顎の骨がほとんど溶かされ、歯のグラつきがひどくなっています。口臭や膿、痛みなどが悪化します。
治療法 [歯みがき指導] [ルートプレーニング] [GTR]

[歯みがき指導]

プラークをしっかり落とし、食べかすがたまらないような歯みがき方法を指導します。

[ルートプレーニング]

歯周ポケット内部にまで付着した歯石を除去します。最後に歯の表面をツルツルにして、汚れの再付着を防ぎます。

[GTR]

歯石や汚染組織の除去後、溶かされた骨の再生を促す処置です。メンブレンと呼ばれる特殊な膜を設置します。
[スケーリング] [フラップ手術] [エムドゲイン]

[スケーリング]

スケーラーという専用器具を使用して、歯石を削り落とします。

[フラップ手術]

麻酔後に歯ぐきを切開し、歯周ポケット内部や歯根にこびりついた歯石を取り除きます。

[エムドゲイン]

GTRが膜を設置するのに対し、こちらはエムドゲインゲルを使用して骨の再生を促す治療法です。

全身にも影響を与える歯周病

「歯周病は高齢者がなる病気」と考えられがちですが、最近では10代や20代の若者でも発症しているケースが多く見受けられます。歯周病菌が増殖し、口腔粘膜を経由して血管に入ったり気管へ入ったりすると、呼吸器疾患や心臓・血管障害・臓器感染症を引き起こすことがあります。また、妊娠中の方は歯周病になりやすく、早産や低体重児出産のリスクが高まるため、注意が促されています。

長津田の歯医者で歯周病治療や口腔ケアを受けるなら

長津田歯医者をお探しでしたら、「中村歯科クリニック」をご利用ください。歯周病は、歯周炎などの口内トラブルにはじまり、進行すると歯を失うこともあります。出血や口臭などが気になるようでしたら、早めの受診をおすすめします。歯科医院での診療に加え、訪問診療にも対応いたします。歯周病の治療はもちろん、予防歯科にも力を入れています。歯周病に悩まないための予防ケア・口腔ケアをご提案しています。歯の状態が気になるときには、お気軽にご相談ください。

歯周病は予防でしっかりコントロールしましょう 虫歯や歯周病を防ぎたい~予防歯科~

  • PAGE TOP