虫歯は放っておいても治りません

虫歯は、プラーク(歯垢)に潜む虫歯菌が原因で起こるお口の感染症。食後のお口に残った食べカスの糖分から虫歯菌が「酸」を作り出し、その「酸」によって歯質が徐々に溶かされていくというのが虫歯のメカニズムです。初期の虫歯では痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため、「痛い」「しみる」といった症状が出たときにはすでに虫歯がかなり進行しているということも少なくないのです。

虫歯を放置する危険性

「歯が痛かったけど、放っておいたら治まった」とおっしゃる方がいますが、それは決して治ったわけではありません。虫歯はある程度進行すると、自然に治癒することがない病気です。痛みがなくなったのは、歯の神経が死んでしまったから。治ったものだと勝手に判断して放置しておくと、次のようなさまざまなリスクが生じます。

痛くなくなった虫歯を放置すると……
  • 歯根部分に膿や炎症が生じ、再び激しい痛みに襲われる
  • 治療の難易度が上がる
  • 治療時の痛み・治療時間・通院回数・治療費が増える
  • 最悪の場合は歯を失ってしまう
  • 口腔内だけでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼす

横浜市緑区長津田の歯医者「中村歯科クリニック」では、虫歯治療とともに、虫歯にならないための予防にも力を入れています。虫歯は早め早めの対応が肝心です。「虫歯かな?」という症状があるなら、お早めに当院を受診ください。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
CO(ごく初期の虫歯) 歯の表面(エナメル質)部分のみが、わずかに酸によって溶かされています。白濁して見えますが、象牙質まで達しているわけではないので痛みなどはありません。 この段階であれば、適切な歯みがきを続けたり、フッ素塗布もよって再石灰化を促したりすることで、治癒する可能性もあります。
CO(ごく初期の虫歯)
C1(エナメル質の虫歯) エナメル質が溶かされた状態です。刺激が内側の象牙質に伝わりやすく、冷たいものを口にするとしみることもありますが、この段階でも大きな自覚症状を感じないことがほとんどです。 虫歯に汚染されている部分を削る処置をします。削った後には、白い歯科用プラスチック(レジン)で埋めます。
C1(エナメル質の虫歯)
C2(象牙質の虫歯) 象牙質まで溶かされている状態です。冷たいものだけでなく、甘いものを口にしてもしみるようになります。 痛みを感じるようになっているため、治療時に麻酔が必要になることもあります。C1同様に汚染された歯質を削り、削った後には詰め物を取りつけます。
C2(象牙質の虫歯)
C3(神経まで達した虫歯) エナメル質・象牙質を溶かし、神経まで虫歯が達している状態です。何もしなくても激しい痛みを感じ、温かいものもしみるようになります。 この段階まで達すると、虫歯に侵された神経を取り除く、根管治療を行う必要が出てきます。
C3(神経まで達した虫歯)
C4(末期の虫歯) 歯冠部分がほとんど溶かされ、なくなっている状態です。神経は死んでしまっているため、痛みは感じません。このまま放置すると、歯根内部に膿が生じ、再び激しい痛みに襲われます。 状態によっては根管治療で歯根を残すこともできますが、ほとんどの場合は歯根部も虫歯に汚染されているので、抜歯が必要と判断されます。
C4(末期の虫歯)

根管治療について

根管治療は、神経や血管の通り道である「歯髄(しずい)」が虫歯に汚染されている段階(C3)で行う歯科治療です。「歯の神経をとる(抜く)治療」とも呼ばれています。根管治療では、歯の内部に細菌を残さないように汚染された歯質や組織を取り除いて消毒し、薬剤を隙間なく詰めてから上部に被せ物を装着します。

根管治療が不完全だと、虫歯が再発したり、歯根の先で炎症が起きる根尖病巣(こんせんびょうそう)になったりするため、慎重かつ精密な治療が求められます。

【歯がしみるなら、知覚過敏かもしれません】

【歯がしみるなら、知覚過敏かもしれません】<

虫歯ではないのに、風が当たったり冷たいものを口にしたりする際に「しみる」症状があるなら、それは「知覚過敏」かもしれません。知覚過敏は、象牙質にある象牙細管という刺激を神経へ伝える孔が露出しているために起こります。

原因としては、物理的にエナメル質が薄くなっていたり、欠けていたり、歯周病によって歯ぐきが下がったために普段歯肉に隠れている象牙質が露出したりすることで起こります。何らかの処置を行わなくては自然には治りませんので、症状がありましたらできるだけお早めに長津田の「中村歯科クリニック」へご相談ください。

予防で虫歯は早期発見・早期治療しましょう 虫歯や歯周病を防ぎたい~予防歯科~

  • PAGE TOP