老化はお口から~オーラルフレイル~

ご存じですか? オーラルフレイル

ご存じですか? オーラルフレイル

オーラルは口腔、フレイルは虚弱。すなわち、オーラルフレイルとは、歯や口の働きの軽微な衰えを意味します。食事の食べこぼしが増える、固い物が噛みづらい、滑舌が悪くなる、むせるなどの症状が続くようなら、オーラルフレイルの可能性があります。

このオーラルフレイル、実は老化の始まりを示す現象として注目されています。足腰が弱る前に、口から老いるということです。
身体機能の低下は、健康な状態からプレフレイル、フレイルという中間的な段階を経て要介護に至ります。オーラルフレイルの症状が現れるのは、プレフレイルの段階。健康な状態を保つには、このプレフレイルの段階で早期に気づき、予防や改善に努めることが大事なのです。

口腔機能が衰えるとどうなるの?

口腔機能の衰え

口腔機能(こうくうきのう)とは、「食べる」「話す」「感情を表現する」「呼吸する」などの、歯や口が本来持っている働きのことです。
加齢などの原因でこの働きが衰えると、飲み込むことが上手にできなくなってむせやすくなったり、のどに詰まりやすくなったりします。唾液の分泌が低下すれば、虫歯や歯周病の進行、口臭といった問題が出てきます。

噛むことが上手にできなくなると、噛めない→柔らかい物しか食べない→噛む機能の低下といった悪循環に陥りやすく、どんどん噛む力が衰えてしまいます。

こうしたオーラルフレイルの症状は、プレフレイルの段階ですが、老化の最初のサインと言われています。これに続くフレイルの段階では、筋肉の衰えや心身の活力が低下するため、健康な状態を維持するためには、プレフレイルの段階で気づき、早めに対処することが大切です。

すこやかな「口腔機能」を維持して健康寿命を延ばそう

すこやかな「口腔機能」を維持して健康寿命を延ばそう

健康寿命を延ばすために必要な三大要素は、栄養、運動、社会参加です。

口腔機能が衰えると、食べることや話すことが困難になり、十分な栄養が摂れなくなったり、人と会う機会が減ったりします。外に出る回数が減れば、筋力も衰え、どんどん社会との関わりが失われていきます。すると、健康寿命を延ばすための三大要素すべてに悪影響を及ぼすことになるのです。

これを防ぐためには、どうすれば良いのでしょうか?
誰かと一緒に会話をしながら食事を取ること。仕事や趣味、ボランティアなどで人と楽しく関わって体を動かすこと。すなわち、オーラルフレイルに陥らないような対策をとることが重要になってくるのです。

日頃から歯と口を清潔に保ち、「口腔機能」を維持して健康寿命を延ばしていきましょう。

あなたはオーラルフレイル? 簡単なチェックリスト

では、あなたはオーラルフレイルの可能性があるのか? 簡単に知ることができるので、ここでチェックしてみましょう。
以下の質問に「はい、いいえ」で答え、点数を合計してください。

質問内容 はい いいえ
半年前と比べて、堅い物が食べにくくなった 2
お茶や汁物でむせることがある 2
義歯を入れている 2
口の乾きが気になる 2
半年前と比べて、外出が少なくなった 2
さきイカ・たくあんくらいの堅さの食べ物を噛むことができる 1
1日に2回以上、歯を磨く 1
1年に1回以上、歯医者に行く 1

合計の点数が

  • 0~2点
  • 3点
  • 4点以上
  • オーラルフレイルの
    危険性は低い
  • オーラルフレイルの
    危険性あり
  • オーラルフレイルの
    危険性が高い

結果はいかがでしたか?
オーラルフレイルかも、と気になったら、長津田駅から徒歩1分、横浜市緑区の歯医者「中村歯科クリニック」まで、お気軽にご相談ください。

045-532-3747
診療予約はこちら